埼玉県川越市に1960年開設

「60年間変わらない愛を」

総合受付電話番号

049-231-1552
よくある質問

総合受付電話番号

049-231-1552

小児ヘルニア手術について

 小児ヘルニア手術について

 

近年の低侵襲手術の流れは小児外科領域でも同様で、お子さんにストレスが少なく、治療効果の高い手術が求められています。小児外科疾患で最も多い鼠径ヘルニア類縁疾患においても1997年から腹腔鏡手術が開始され、整容性および安全性が高く評価されています。
当院では2014年から単孔式腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術を導入しています。この術式は臍内部を小切開し、細径スコープおよび鉗子を挿入することでさらに優れた整容性を得ることができます。麻酔に関しては小児麻酔専門医の協力を得ており、実際の手術はヘルニアが脱出している「ヘルニア門」という部分を縫合閉鎖するのみで、入室から50分程度で終了します。手術後には担当医師から術中写真をご提示し、詳細なご説明をしております。
同手術は短期滞在型入院の一泊二日、基本的には土曜日の入院後に手術を行い、日曜日の朝の担当医師の診察を経てからの退院をご案内しています。入院に際してはご家族に個室(差額費用無し)をご提供し、お子さんのストレスが少ないように付き添い入院とさせていただいております。

受診の流れ

私たちが責任を持って手術を担当します!


ご相談のある方

何らかの理由で外来受診が難しい場合など、ご相談やご不明な点がある場合は、当院小児外科医に 直接ご相談いただくことが可能です。総合受付までお電話下さい。
毎週金曜日 9:30~10:30まで